僕は「本せどり」でせどりの経歴を開始しました。

でも「本」ってホント重くて変なんです。

 

僕は賃貸マンションの4階に住んでいますが、収入の少ない僕が

住むマンションにはエレベーターなんてものはありません。

 

なので、買った”何キロ(たぶん約7キロ?)もある重たい本”を

4階まで持って上がるだけでウンザリでした(-“-)

さらに、それを検品後”100サイズの段ボール”に入れて今度は

4階から降りて行くんです。

ホントに、”命がけ”です。いつか転落して死にます(^^;)

 

それにプラスして「バーコードリーダーでの”全頭サーチ”」

これも僕をすっごい苦しめました。

 

ブックオフでサーチしている時は常に刺すような視線を感じて

「周囲から”好奇の目”で見られている」様に感じていました。

今考えると僕の自意識過剰で勘違いなのですが、当時はそれはもう

精神的な苦痛が半端なかったです。

ビーム検査

検索数がものを言う「本せどり」の図

 

それを考えると

「CDの検索はとてもスマート」です。

スマートフォン片手に

ひとつひとつじっくり検索するので

一般のお客さんと違いが分かりません。

僕は『CDせどり』のそこが気に入りました。

 

では検索の方法を紹介します。

今でこそ僕は”有料のツール”である「せど楽チェッカー(月額3,000円)」

利用していますが、これには僕の住んでいる名古屋市のブックオフが

せどり対策を強化しているため、仕方なしに加入してます。

せどり対策が強化されているのに、バーコードリーダー?詳細はこちらへ⇒

 

なので、もし新規にせどりを始めるのなら

必要無いと思います。

 

”インターネットに接続できるスマートフォン”

それさえあれば十分です。

 

それでは、検索方法です→