元のページへ⇒

仕入れに店舗へ向かう前に

”是非これだけは揃えておきましょう”って品を教えますね。

①バーコードリーダー

”KDC200”と”MS910”を比較検討して悩みましたが、

僕はユニテックジャパンの「MS910」を選びました。

バーコードリーダー

選んだ決め手は「サイズ」です。

値段も¥12,000程度と「KDC200]に比べかなり安いのですが、

何より「小さいサイズ」です。それが気に入りました。バーコードリーダー1

こんな感じに”セリア”で買ったストラップを付けて

バーコードリーダー2

こんな感じで持ち歩いています。

パッと見て”車のキー”の様でホント目立ちません。

もしこれが壊れても次回も「MS910」を買います、それくらい

気に入ってます。

携帯だけでも、もちろん問題ありません。

ですが、バーコードリーダーがあれば検索スピードが

バリバリ上がります。本腰入れて取り組むなら是非導入

検討してみてください。

¥12,000なんてすぐ取り戻せると思います。

バーコードリーダー3

出荷作業にも活躍します。

②予備バッテリー

マクセルのバッテリーです。薄型でポケットに入ります。

エディオンで¥2,000程度だったような・・・

バッテリー

ケーブルは別売りです。iPhone5S用は高いです(-_-;)

特にせどり開始当初は検索しまくりになると思いますので、

あると重宝します。

せどり開始当初にバッテリー切れギリギリまで検索してたら、

会計時「ワンデー画面」を提示できず10%割引を受けられ

ませんでした。その時の割引額は楽々¥2,000を超えてました。

 バッテリー2

やはりあると安心感が違います。是非購入してください。