ここでは実店舗で “CDを購入する際のチェックポイント” を解説

していきます。

 

切り口としては、

「どうしたら ”非常に良い出品” できる商品を購入できるか」

に注目して解説していきます。

反対に

「”開封したら、とんでもない商品だった”を回避する方法」

だと言えます。

 

最善の方法は、購入時にレジ横ですべて商品をチェックさせて

もらえばいいと思います。実際にそうされている方もいるみたい

です・・・しかし、

1~2枚ならいいですが2~30枚もレジ横を陣取ってチェックする

と店にとって迷惑だと思うし、それより何より僕の考えとして

「店にとって目立った存在の客になりたくない」というのが

あります。なので高額商品で特典の有無を確認したい時以外は

商品チェックはしないです。

※名古屋のブックオフ「せどり排除」はホント大きな間違いだと早く

ブックオフは気付くべきです。こんな大量に買うお得意さんをムゲに

扱って残念です。業績悪化にならなければいいんですが・・・

赤茶けた値札の付いた商品が溢れかえるのでしょうね(売れないから)

僕も服装とマナーはシッカリしたいと思います。

 

さてチェックポイントですが・・・順番に

 

①上下面から覗いてキチンと冊子がツメの間を通っているか?

P1170868 

矢印箇所から覗きます。

ブックレットにツメアトが付いてしまっていたり、ヒドイ時は

ヤブレが発生してしまっていることがある。

P1170869-1

 

問題無しです。

P1170870

 

ツメに冊子が入っていない!

P1170871

 

正面から見ても確認できます。

 

 

見逃してしまうとこんな状態で出品となります。

P1170075-2

 

やっぱり「出品コメント」に少し困りますよね(^^;)

  

②CDケース全面カバーのガイドが冊子のうえに乗っていないか?

ブックレット表面に跡がのこってしまいます。

P1170872

 

コメントに書くべきかどうか悩むイタミはさらに悩みます。

 

③ブックレット留め金部分にサビが発生していないか?

P1170874

 

ただこれは帯がかかっていると確認できません。

P1170630

 

開けてビックリがっかりです。

二つある留め金の片方だけ”サビサビ”ってことも多いです、必ず

両方確認しましょう。

商品状態はすごくいいのに留め金が錆びているCDに何度か遭遇

してます。湿度管理が杜撰なショップに多いような気がします。

返品が無難に思いますが、面倒で何度か交換に取り組みました。

 

 

④ブックレット・裏ジャケットに水濡れ・日焼け等が無いか?

おかしなヨレがあったら要注意です。濡れているとヨレ以外にも

異臭が残ってたりするので「可」出品になるかもです。

 

⑤タバコ臭

すき間から匂いを吸って確認してましたが、埃を吸って気分が悪い

のであきらめました(^^;)

 

⑥スリーブケース・紙ジャケット・デジパック仕様に関して

ジュエルケースが破損していても、僕は気にせず仕入れます。

なぜなら「ケース交換すれば良い」からです。

『CDせどり』はコンディション調整できることが魅力ですから

ね(^^♪

ただし、要注意な商品があります。それはケース交換が効かない

「スリーブケース・紙ジャケット・デジパックなど」です。

クリスタルパックやフィルムで商品が覆われていると本当に

 

「わかりにくいんです」

 

家に帰ってがっかりな経験が何度もあります。

まるでゲレンデマジックの様です。

店舗でも蛍光灯の当て方を変えて要注意で見てくださいね。

 

⑦最後に・・・

「うー・・どうも嫌な予感がするなぁ・・どうしようかなぁ・・」

って時は、買わない勇気も必要かなって思います。

「せっかく仕入れに来たし…」とか

「ワンデー使ってるしなぁ…」とか

つい欲が出た場合はたいがい家に帰ってから苦労します、これは

僕で実証済みです(^^;)

返品もありですが、「めんどくさい」し 「店で目立つ」しで

どのみち苦労します。

 

ただブックオフはホント返品には寛容です。

「冊子にわずかなスレがある」とかではダメかもしれませんが

「家のプレーヤーで再生できないです。キズは無いのになぁ」

と言えば大丈夫だと思います。

 

最後の最後に・・・

ツメアトがあろうが、破れがあろうが「仕入れてはダメ」って

訳ではないので自己判断で仕入れを楽しみましょうね~

でもいいものを仕入れると検品・出品も

ぽんぽんぽーんと進むので

やっぱり気持ちいいです。